ED
快生薬研 > ED > 前立腺肥大症
前立腺肥大症

男性で、だんだんとおしっこの勢いが弱くなってきたり、尿を出したいのになかなか出て来なくて困っている人はいませんか?脅かすわけではないですが、それは、前立腺の病気かもしれません。
前立腺は、尿をためる膀胱のすぐ下にある尿の通り道・尿道の脇にあります。では、前立腺はなにをしている臓器かというと、精液の一部を作る臓器です。
 年を取ってくると、だんだんと前立腺が大きくなってきます。病院では、「前立腺肥大症」と診断されます。ただ、60歳をすぎると男性の半分以上は前立腺肥大症になるといわれています。だから、病気ととらえず、加齢による変化とも考えても良いでしょう。
 前立腺が大きくなってくると、尿道が圧迫されて、尿の勢いが弱くなってしまいます。完全に塞がれてしまうと、尿が出なくなってしまうこともあります。専門用語で尿閉といいます。前立腺が大きくなっている人が、お酒を飲み過ぎたり、風邪薬を飲んだりすることにより、尿閉となってしまう場合もあります。 以上「ヨミドクター」から引用。

深刻な症状には、前立腺を切除する手術が必要となり、これがきっかけで、ED(勃起不全)になる場合もあります。気になったら泌尿器科を受診しましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA