ご使用方法
快生薬研 > ご使用方法

ED(勃起不全)の治療に使われるVCD式カンキは、小型の医療用真空ポンプの簡単な操作で陰茎海綿体に血液を集め、勃起させます。
さらに、根元を引き締める筋肉の補助として小さなパッキングを半自動装着させることで、完全勃起させるように研究開発された画期的な機器です。
高年齢や各種病気による勃起不全などに関係なく、2~3分間の短時間で即勃起し、30分持続勃起させることができますので、
いつでも性交は可能です。
また、1日1回5、6分間の使用を2~3か月続けることで、勃起不全が機能回復したという報告も寄せられています。
日本では十数年前から導入され、すでに15万人以上の方が愛用しております。

1. 男性器全体に潤滑ゼリーをたくさん塗り、亀頭をパッキングの穴にあてポンプを2回操作しますと、亀頭部が管内に入ります。

2. 亀頭部がプラスチック管内に入ったら、ゆっくり血液をよび込むために約10秒間待ちます(20~30秒以上待つほうがより効果的なケースもあります)。

3. ポンプ操作を1回し、また10秒間待ちます。「1回10秒」を何度か繰り返していきますと、自然に勃起します。

4. 勃起したら、プラスチック管にはめたアダプターを矢印の方向に押すと、アダプターとパッキングが同時にはずれます。さらに、男性器からアダプターのみ取りはずしてください。

5. 根元に装着されたパッキングは、男性器の奥に入り見えなくなります。

※ゴムパッキングのサイズや真空ポンプの吸引回数は、人により異なりますので、自分に適した状態が見つかるまである程度の
慣れが必要となる場合があります。

副作用・注意

臨床試験で確認された副作用に、疼痛、浮腫、皮下出血があります。
男性器に潤滑剤を十分に塗布しておくと防げます。操作を急がず、締め付けがきつい場合にはがまんせずに、一度解除して
操作し直すことで防げます。

※ いずれも一時的なもので、著しく重い副作用は報告されていません。
※ ゴムパッキングは30分以上連続使用できません。泥酔状態で使用して、装着したまま寝込んだりすることなどないように
注意が必要です。いったんはずして休息すれば、繰り返しの使用をすることができます。

使用できないケース

・精神障害のため本機器の使用が不可能と考えられる患者
・陰茎に炎症や傷がある患者や陰茎を切断した患者
・SID(性行為感染症)にかかっている患者
・完全視力喪失者(ただし、本器機の操作方法に習熟した介護者がいる場合にはその限りにあらず)
・重度の多発性硬化症の患者
・極端な屈折を伴うペロニー病の患者
・性交をすると健康を損なうおそれがある疾患を有する患者(心疾患、脳血管障害など)
・締め付けバンドの取りはずしが困難な患者
・そのほか医師が不適当と判断した患者
たとえば、抗血液凝固物質療法施工中、陰茎PROSTHESIS除去、海面体内注射直後、鎌状赤血球性貧血、持続勃起症の
既往のある患者、アルコール依存症または覚醒剤や麻薬常習者
・勃起時の陰茎周が13.8センチメートル、陰茎長が16.5センチメートルを超える患者(プラスチック管に収まりません)