EDの原因とそのタイプ
快生薬研 > EDの原因とそのタイプ

性的な興奮は、神経を介してペニスに伝わります。

そうすると、ペニスにある陰茎海綿体の動脈は大きく広がりを見せ、陰茎海綿体にたくさんの血液を送ります。

これがいわゆる「勃起」といわれる現象です。

ですが、神経と血管のどちらか、または両方が正常に働かなくなり、陰茎海綿体に血液が送り込まれなくなったとき

「勃起不全=ED」が起きてしまうのです。

そして、EDはその原因により、大きく分けて4つのタイプがあります。

そこで今回は、そのEDの原因とそのタイプにいてご紹介をさせて頂きます。

EDに対しての知識を深めたい方の参考になれば幸いであります。

1.器質性ED

器質性EDとは、動脈硬化の進行や神経に障害がある場合のEDであり、多くは50代以上の方に見られます。

加齢に伴うものであれば、特に動脈硬化が原因と考えられる場合があり、その結果としてEDが起こりやすくなります。

また、喫煙や過度の飲酒も、EDを引き起こす原因と考えられています。

2.心因性ED

心因性EDとは、精神的なストレスがある場合のEDであり、30・40代に多く見られます。

精神的なストレスがあるとそのストレスが原因となり、神経の性的な興奮がうまくペニスに伝わらないために、EDが起こりやすくなるのです。

この心因性EDには原因が様々あり、最近では子供を作ろうという夫婦間で、排卵日が精神的なプレッシャーとなり、EDになるケースも増えてきています。

3.混合型ED

混合型EDとは、動脈硬化の進行や神経に障害があり、加えて精神的ストレスがある場合になるEDです。

この混合型EDは50・60代に多く見られます。

特に糖尿病や高血圧に加えて精神的な要素が加わってEDになる方が多いように見受けられます。

4.薬剤性ED

薬剤性EDとは、ある薬剤を服用している場合になるEDであります。

中枢神経・末梢神経・循環器系・消化管等に作用する一部の種類の薬剤には、EDの原因となるものがあり、それが原因でEDが起こります。

このようにして、EDには原因とそのタイプがあることが理解できたことでしょう。

当社ではED治療器具を用いて、ED改善を行っていますので、どうぞお気軽にご相談なさってください。