離婚を招くED
快生薬研 > 離婚を招くED

最近、「性の不一致」を原因とする離婚が増えてきているように思えます。
夜の生活は夫婦にとって大変重要なものです。
単に肉体的な満足感だけでなく、信頼や愛情といった精神的な満足を得ることができるからです。
だからこそ、「性の不一致」は十分離婚の原因になりえます。


EDを原因に離婚してしまったという方もいるのではないでしょうか?
女性は、EDを生理的に理解しにくいため「勃起しないのは自分を愛していないからではないか?」と考えてしまいがちです。
確かに、EDは精神的な原因でなることもありますが、それは不安やストレスに起因することがほとんどです。
精神的な原因だけでなく、身体的な原因によってなることもあります。
しかし、勃起しない原因が愛情以外の他の原因にあることを女性は受け止めにくいようです。
また、男性もEDを気にすることによって、自分に自信がなくなり、セックスレスになってしまいがちです。
セックスレスは、特に子どもを望む若い夫婦にとっては、大変重要な問題になってくるので、影響は大きいでしょう。

実際に、セックスレスが離婚原因の一つとした判決もあります。
この判決では、「婚姻が男女の精神的・肉体的結合であり、そこにおける性関係の重要性に鑑みれば、病気や老齢などの理由から性関係を重視しない当事者間の合意があるような特段の事情のない限り、婚姻後長年にわたり性交渉のないことは、原則として、婚姻を継続し難い重大な事由にあたる」としています。
ただ、この判決はセックスレスだけが理由で離婚を認めたものではありません。

EDは直接的な離婚原因にはなりませんが、間接的な離婚原因になることは十分考えられます。
EDに悩んでいるという方、夫婦生活を続けていくためにも、ED治療は必要なのではないでしょうか?
今は、EDで夜の生活に自信が持てないかもしれませんが、ED治療で改善することで、自信が持てるようになるかと思います。
夜の生活が充実すれば、夫婦の中はもっと良くなることでしょう。