ED
快生薬研 > ED > EDと食べ物1
EDと食べ物1

ヨミドクターからの引用です。

「夫の精力を高めるにはどんな料理が効果的ですか」などという質問がよく向けられます。ベトベトの高脂肪食を食べさせれば、精力モリモリになるなんてイメージをお持ちの女性がいらっしゃいますが、とんでもない誤解です。高脂肪食では動脈が詰まり、心臓への血流が不十分になるように、ペニスへの血流が抑制されインポテンスになる危険性が高まることなどはよく知られています。したがって絶倫夫の育成には、食事は高脂肪よりも低脂肪を心掛け、日頃から抱きしめたくなるような「自分づくり」に励まれることです。
 性欲を高めると言われる媚薬(びやく)とか強壮剤についても、効くか効かないかについて科学的に立証されているわけではありません。例えば、サイやシカの角は勃起したペニス、オリーブは精巣、カキは陰唇を表すといいます。唐辛子は身体をほてらせ、オクラは腟(ちつ)の潤いをというように、形態や性状などが性器の形や機能に類似していることなどから信じられてきたものがたくさんあります。もちろん、「性は脳なり」ですから、「信じる者は救われる」わけで、効いたかのような錯覚に陥ることもありますが、仮に効かない場合には服用量が少なかったとか、調合が間違っていたといえばいいのですから、無責任な話です。
 マムシ、コブラ、オットセイ、ハブ、ウミヘビなどを元に製造されたという精力増強サプリメントも同様です。下半身の血行を促進すると言われる必須アミノ酸や精巣・前立腺に多く含まれる亜鉛、ミネラル、ビタミン類などが豊富だと表示されています。最近話題になっている植物にはマカ、クコ、ヨヒンビン、アシタバ、キノコ類のアガリスク、冬草夏草などなど。紹介しきれないたくさんの名前が並んでいます。でも共通して言えるのは、マムシやコブラ、ハブなどは弱肉強食の世界では“強”に属しています。マカやクコもそうですが、高山地や原生林という厳しい自然環境の中で栽培されている、これも“強”です。ひょっとしたら、この“強”が私たち人間の憧れであり、精力増強のイメージにピッタリで僕たちをその気にさせるのかも知れません。
以上1

ED,勃起不全でお困りの方を救う医療機器
薬が効かない、使えない方必見
「VCD式カンキ」(陰圧式勃起補助具)の製造元

快生薬研株式会社  
東京都江戸川区春江町2-48-14-403
TEL03-6666-8921

サプリメントご希望の方はこちら↓
http://syougaigeneki.com/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA