勃起のメカニズム
快生薬研 > 勃起のメカニズム

男性が性的に興奮すると、性的刺激が副交感神経系を介して陰茎に伝達され、刺激をさらに伝達させる物質である一酸化窒素を放出させて、サイクリックGMPの生産を促します。
このサイクリックGMPの働きにより、陰茎海綿体内の血管が開き、海綿体動脈から血液が陰茎海綿体内に流れ込むことで勃起してきます。陰茎海綿体内に十分血液が充満すると、海綿体の白膜を貫いている細い静脈が圧迫され、やがて閉塞されてしまいます。
陰茎の根元のところには坐骨海綿体筋という筋肉があります。この筋肉が収縮をして陰茎の根元を締め付け、血液を陰茎海綿体内の先の方に押し込み、さらに硬い勃起状態を作り出します。途中で柔らかくなる人は、この静脈系が開いてしまうか、根元の筋肉がゆるんでしまうのが原因です。

ED治療方法と勃起のメカニズム

サイクリックGMPは、PDE5という酵素に絶えず加水分解されて、勃起と普段の状態との間にバランスをとっています。服用薬であるバイアグラやレビトラは、PDE5の働きを阻害して、勃起状態を持続させるのです。
一方、ED治療補助具のVCD式カンキの場合は、こうした働きには関係なく、真空ポンプで陰茎海綿体に血液をよび込むことで勃起増大させます。さらに、根元を引き締める坐骨海綿体筋の補助として、小さなゴムパッキングを半自動装着させることで、勃起状態を持続させます。

2種類の勃起

勃起には、性的な刺激によっておきる「反応性勃起」と、睡眠中におきる「自然勃起」の2つがあります。自然勃起は、夜間の眠りが浅いREM睡眠時に起こりますがが、その原因は究明されていません。
ただし、この夜間睡眠時の勃起の有無は、ED(勃起不全)で悩む人の原因が、身体的なものなのかどうかを判断する目安となります。