副作用について
快生薬研 > 副作用について

中高年の方には、EDで悩まれている方も多くいることでしょう。

それによって、夜の生活に自信が持てなくなることは非常に悲しい事であります。

しかし、今は多くのEDを改善する治療薬が販売されており、その治療薬によって素敵な夜を過ごされている方も多くいることも事実です。

ですが、その治療薬の副作用に関しては、詳しく知らない方も多いのではないでしょうか?

そこで今回は、少しではありますが、そのバイアグラ・レビトラ・シアリスなど、それぞれの治療薬の副作用についてご紹介をさせて頂きます。
EDの治療薬に関して詳しく知りたいとお思いの方の参考になれば、嬉しい限りです。

まずはバイアグラです。

血管を縮ませるPDE-5という酵素が作用すると男性器内に血液が流れ込みにくくなります。そのため勃起しないという状態になります。
バイアグラの主成分のクエン酸シルディナフィルという成分が、この酵素の邪魔をするため、男性器内の血管が緩むので血液が流れるようになり、勃起が始まります。

バイアグラの副作用は以下の通りです。

発疹症状、ほてり、動悸、不整脈、めまい、無気力、記憶力低下、興奮、不眠、消化不良、くちびるの乾きなどが挙げられます。

次にレビトラです。

レビトラもバイアグラと同じように、海綿体の内圧を高める作用のある治療薬です。

レビトラの副作用は以下の通りです。

のぼせ、胃痛、鼻水、鼻づまりなどが挙げられます。

そしてこのレビトラは、併用禁忌薬に指定されている薬品が多いため、服用の際は医師の指示に従うようにしましょう。

また、グレープフルーツ、グレープフルーツジュースを食した後にレビトラを服用すると血中濃度が上がりすぎることがあるので、服用はしないでください。

そして次は、シアリスです。

シアリスも上記の2つの治療薬と同じ効果があります。

副作用は、以下の通りであります。

腰痛、筋肉痛、背痛、情緒不安定、下痢、視覚障害などが挙げられます。

このようにして、EDの治療薬には、誰でも表れるワケではありませんが、副作用があります。

しっかりと用法・容量を守って、飲まれることが大切なのです。

ですが、中にはこのED治療薬が効かない方もいることでしょう。

当社では、医療機器を用いてのED改善を行っていますから、治療薬が効かない方にも効果があります。

まずはご相談してみてください。そして、素敵な夜を取り戻しましょう。